“女性の感覚” に訴えかけるメニューの表現☆

“女性の感覚” に訴えかけるメニューの表現☆

 

皆さんこんにちは!

今日はなんとなく肌寒い天気ですが、朝から名駅まで来て元気に仕事してます☆

 

 

美容サロンのお客様に向けて、ブロガー企画の説明会を1時間半させて頂きました。

夜にも同じような説明会があり、時間が空いたので、前から気になっていた「24/7 cafe apartment」に行ってきました♪

 

店名には「”24hours,7days”にとけこむ、ちょっと贅沢な時間を過ごせる場所」という意味合いが込められているようで、そんなコンセプトにも共感できる素敵なお店です。

 

 

かなり混んでいて20分くらい待った後、ようやく入ってみると中には女性客がびっしり!!

ヘルシーメニューやデザートが豊富だったり、ご飯も自分の好みに合わせてカスタマイズできるようで、そういった部分も女性に人気なんだと思いますが、僕は販促関係の仕事もしているので「メニューの表現方法」にセンスを感じました☆

 

 

“至福のごはん” とか “幸せご飯セット、色いろ” など、女性の感覚にワクワク感を訴えかける表現が組み込まれていて、女性の気持ちに突き刺さる良いフレーズだなと感じました。

僕は美容業界で働かせて頂いていますが、美容サロンのメニュー表にも “幸せオーガニックカラー” なんて表現があっても良い。だけど、どのサロンも同じような表現で面白味が無いのが現状です。

 

 

これも “ホットドリンク” をあえて “からだを温めるお飲みもの” と表現することで、その表現自体に温かみを感じますよね?

サロンに置き換えるのであれば、“髪を優しく柔らかくするトリートメント” といった表現にするなど。

 

 

“+300円でちょっと乾杯” …なんか小洒落た表現で、心をグッと掴まれる感じ★

サロンにある前髪パーマやトリートメントについて、“+1,500円でおしゃれ感を演出” …といったフレーズがあると、気になる女性が少し増えるかもしれません。

 

 

これを参考にすると、“+1,000円でヘアカラーに艶をおつけします” みたいな表現で、ワンランク上のカラーメニューを提案するきっかけを増やす♪

…考え出すと止まらなくなるほど、このお店にはヒントがたくさんありました。

 

僕は美容業界に身を置かせてもらっている上で「美容業界内にヒントは無い」と自分に言い聞かせ、逆に「異業種にヒントが隠れている」と思い込ませています。

アイデアが求められる仕事をしているので、業界内の情報をお客様に届けていては、面白味が無いし他の業界関係者と同じになってしまう。だからこそ、いつもいつも、異業種からヒントを持ってきてそれを形にすることを意識しています☆

 

 

…あっ!デザートの感想も!

 

バニラアイスに「オリーブオイル」と「塩」をかけられるようになっていて、これもまた一工夫あり☆★

個人的には「塩」をかえたバニラアイスがすごく美味しくて、またこのカフェにきたら頼んでしまいそうです!^^

 

お腹も頭も満たされる、学びの多いカフェタイムでした♪

 

↓気になる方はどーぞ!

24/7 cafe apartment (KITTE名古屋2F)

 

関連記事

PAGE TOP